Q. 一週間の保育時間はどうなっていますか?

Q. 保育者はどのような人ですか?

幼稚園教諭や保育士の資格をもつ4名の保育者(女性)がいます。
そのうち毎日保育にあたる2名は幼稚園やその他の施設での保育の経験があります。
他の2名も保育園、施設、自主保育での保育経験があります。
このうち、常時3名が保育に当たります。
施設代表も保育士の資格があります。

Q. どのような新型コロナウイルス感染症対策がなされていますか?

現在は、園児にはマスク着用を求めていません。(保育士は室内、バス乗車時にはマスク着用です)
お子さんによっては十分に酸素を取り込めない場合もあり、「正しい着用ができない幼児などはあえてマスクを着用しなくても良い」という専門家の意見に従っています。
公園での集合時に遊具に触れることもありますので、遊んだあとは園児の手指の消毒を行っています。
その他、お弁当の前には手洗いや手指消毒を行っています。
室内には室内循環式の空気清浄器2台(2台ともウイルス対応仕様)と、熱交換形換気扇1台を設置済みです。
主に保育士用ですが、抗原検査キットを用意しています。

Q. 夏休みなどはありますか?

他の幼稚園と同様、「夏期」、「冬期」、「春期」の休みがあります。
夏休み期間中には3日間程度の夏期保育があります。

Q. 延長保育はありますか?

延長保育はおこなっておりません。

Q. バスによる送迎はありますか? 車での通園(送迎)は可能ですか?

送迎はおこなっておりません。
登園は基本的には徒歩、自転車、公共交通機関などでお願いしていますが、遠距離からの通園や特別の困難がある場合などの場合には個別にご相談に応じています(数台の駐車スペースはあります)。
降園は笛田降園での解散になりますので、同公園の駐車場がお使い頂けます。

Q. 朝の登園場所はどこですか? 降園場所はどこですか?

登園は笛田4丁目にある「きりん公園」です。
降園は基本的に「笛田公園」となります。特別な事情がある場合には「キリン公園」にて降園が可能です。

Q. 給食はありますか?

給食はありません。お弁当のご用意をお願いしています。(水曜日は午前保育)

Q. どんな野外フィールドに行きますか?

主な野外フィールドは以下のとおりです。
鎌倉:「中央公園」「広町緑地」「峯山〜野村総研跡地」「寿福寺〜源氏山公園」「大仏切り通し」「由比ガ浜海岸」「笛田公園」「夫婦池」
逗子・三浦:「披露山公園」「逗子海岸」「森戸川渓谷」「南郷上ノ山公園」
藤沢:「新林公園」
開拓中を含め、その他の野外フィールドがあります。
多くの場合、幼児20人乗りのハイエース「ののはな号」で移動します。

Q. どんな室内活動がありますか?

ぬらし絵や工作などを行う他、自然素材の遊具、遊び布、ままごと道具などを揃えています。
画材はSTOCKMAR(シュトックマー)等の発色の良いものを使っています。
絵本の読み聞かせに加え、週に1回、年中は「ことわざ」、年長になると素読(「論語」「俳句」「和歌」「漢文」)を行っています。
絵本は厳選した約1,000冊を揃え、ほぼ毎月新着図書を入れて更新しています。
絵本はお子さんと保護者の方への貸し出しがあります。

Q. 保育中の様子をどのように知ることができますか?

ほぼ毎日、インスタグラム(保護者限定)で保育中の写真を数枚アップしています。
また、学期末にはオリジナルの写真(2019年度1学期の例で約1.100枚)をUSBメモリーに入れてお渡ししています。
保育中の様子やお子さんの成長については、懇談会や個別面談でお話をさせて頂いています。

Q. 3歳児でまだオムツがとれていませんが入園可能ですか?

それを理由に入園お申し込みをお断りすることはありませんが、どのような働きかけをなさっているかについては伺います。

Q. アレルギーがありますが入園可能ですか?

軽度の場合には基本的に問題ありませんが、重度のアナフィラキシーショックを起こす可能性があるようなケースでは、事前に十分相談させて下さい。
なお、「ののはな」では、専門医からの研修受講、エピペンの使用訓練を行っています。

Q. 顧問医はいますか?

かまくらファミリークリニックの栗原医師が「ののはな」の嘱託医です。年2回の健康診断、その他の医療相談をお願いしています。

Q. どのような保険に加入していますか?

学校契約団体傷害保険(一般的なケガなど)及び、幼稚園賠償責任保険(園に責任がある場合)に加入しています。

Q. 入園費、保育料はいくらですか?

こちらの頁をご覧下さい。

Q. 「幼児教育・保育の無償化」の対象ですか?

2019年10月からの「「幼児教育・保育の無償化」実施に伴い、以下のようになっています。
■<鎌倉市にお住まいの場合>
2021年度からは文科省が実施する支援により、鎌倉市から「月額20,000円」の補助があります。
■<藤沢市にお住まいの場合>
「月額25,700円」の補助があります。
■また、児童福祉法に基づき「私設保育所」としても届出をしており、お住まいの市で「保育の必要性の認定*」が得られれば、保育園と同様の無償化の対象となります。個別にご相談下さい。
実績として毎年数家族がこの対象となっています。
*=保護者がお二人とも月に64時間以上就労している場合や、出産予定日の前後8週間の場合など

他市の状況については別途お尋ね下さい。

Q. 説明会、入園申し込み受付はいつおこなっていますか?

説明会は8月におこなっています。入園受け入れ枠(人数)、説明会の日程などをお知らせ欄でお伝えします。
お申し込みは、まずこのQ&Aの内容をお読み頂いた上でメールでのご連絡をお願いします。
その際、「ののはな」に関心を持って頂いた理由などもお書き下さい。
お考えをお聞きした上で、説明会の日程調整をさせていただいております。

上記の説明会においでいただき、保育方針などをご理解していただいた上で、お申し込みを承っています。
定員を超えるお申し込みがあった場合には、まず男女比を考慮し、必要に応じてクジ引きを行って受入の可否を決定しお知らせしてします。

Q. 体験入園はできますか?

里山保育の経験がなく心配な場合など、特別な事情がある場合に限らせていただきます。
ご相談下さい。

Q. 定員は何名ですか?

定員は全体(年少、年中、年長)で14〜16名程度です。
毎年の入園枠は、3歳児(年少クラス入園)、4歳児(年中クラス入園)のみで、計4〜6名程度です。
応募が定員や募集枠を超えることが多くなっており、ご希望にお応えできない場合もありますがご容赦下さい。

Q. 途中入園は可能ですか?

基本的に途中入園の余裕が生じる可能性はありません。
(お引っ越しなどで欠員が出た場合には可能な年度もあるかもしれませんが、現状ではかなり受入可能性が低いとお考え下さい。また、その場合でも野外フィールドを長時間歩ける体力があるなど、入園時に野外保育の環境にすぐに順応できることが必要になってきます。例えば、野外活動の経験がない3歳児が10月頃から途中入園するのは他の在園児との差があって困難が予想されます。)

Q. 数週間、数ヶ月間の短期間の入園も可能ですか?

少人数制の中で、子ども同士に深い関わりが生まれることを大切にしたいと考えています。
短期間の在園を想定した入園お申し込みはお断りしております。

Q. 「特別な支援」が必要な子どもの受け入れは可能ですか?

お子さんにとって「ののはな」の環境が「最適」と考えられる場合には受入も検討いたしますが、残念ながら一般の幼稚園と同様、専門性には限界があります。
過去の事例からは受入が困難であるケースが多いと考えます。
専門家の意見、行政の支援を受けられる可能性、在園児との関係、保育のあり方などを総合的に勘案しつつご相談させてください。

Q. 教育関係者や研究者による保育現場の見学は可能ですか?

「幼児教育」「保育」分野での人材育成や研究に貢献したい思いはありますが、現状では通常の保育を優先させるため基本的に見学は受け入れておりません。
ご理解をお願いいたします。